記事の一覧

日本人の矜持

2012-08-18

終わってしまいましたね、ロンドンオリンピック。
感動感激の連続で、ほんとに楽しませてもらいました。


メダルを取った選手はもちろんですが、悔しい思いをした選手にも
皆さんに「ありがとう」と「お疲れさま」と言いたいです。


各地への凱旋のニュースが流れまくってますし、
来週の月曜日は東京でパレードもあるようですから、
まだしばらく興奮の余韻が続きそうですね。


毎回オリンピックでいろんなことを考えさせられますが、
このロンドンオリンピックでは、
「日本人の矜持」なるものを強く思いました。


期間中、さまざまな競技を通じて、
「チームジャパン」なる"絆"や"連帯感"を感じたことが
その大きな要因だと思います。


それは、3.11以降に日本人の中に生まれた、
"国を想う気持ち"や"励まし合う気持ち"みたいなものが
働いているのだと私は信じています。


国民全員が「艱難を共にした仲間」となって、
絆が深まった結果がもたらした今回の成績だと思うのです。


こうして書くと、大げさに聞こえてしまいますが、
そんなことを感じずにいられない何かがありました。


勝っても負けても拍手を送りたくなる、
そんな「誇れる日本人」を見ることができた大会でした。


日本人の矜持。いい響きです。
これを胸に、明日もがんばろう。


(イシイ)



f:id:balplan:20100731130852g:image


岡山市の不動産は有限会社バルプラン

お問い合わせは



有限会社バルプラン

岡山市中区中納言町3-22

(中納言電停北250m)


大きな地図で見る