2012-03-01

附久マンション102号リノベvol.5



今週から大工さんの作業が始まり、
いよいよ床のフローリングが貼られてきました。


まずは、下地を組んで、断熱材(既存のものを再利用)を入れて、

f:id:balplan:20120227115522j:image:w360



材料が搬入されます、

f:id:balplan:20120228091823j:image:w360



この杉材がこだわりポイント。
まずは、その厚み3cm。


この厚みのある無垢材が、
冬でも冷たくない、杉特有の肌触りを出してくれます。


いままでの合板の冷た〜い床とはおさらばです。
1階は特に床が冷たくなるので、この効果は大きいはず。


コストはかかるけど、がんばりたいところです。


つぎに、幅22cmと長さ4m。
広いこの幅と、継ぎ目が少なくてすむこの長さが
ゆったりとした雰囲気を醸し出すんですよね。


貼った様子。まだ分かりにくいかな・・・
f:id:balplan:20120229163552j:image:w360


解体して殺風景だった部屋が変わっていきます。



f:id:balplan:20100731130852g:image


岡山市の不動産は有限会社バルプラン

2012-03-01