記事の一覧

世界一を見た

2011-09-10

世界陸上弾丸ツアーは、
まさかのボルト失格でショックのまま終わりましたが、
とても貴重な経験でした。


やはり生で見る迫力は、テレビとは違いました。


選手が本番前に、スタートの練習で軽くダッシュをしますが、
その速いことっ!


犬がボールを追いかけるのに駆け出すときの、
あんな躍動感のスピードでした。


犬に例えるのは失礼ですが、
やはりそれは"超人的"なレベルならではのものだと思います。


男子10000mは、箱根駅伝で活躍した佐藤選手が出ていましたが、
残念ながら周回遅れになる結果でした。


決して調子が悪いようには見えませんでしたが、
それだけ世界との差があるということなのでしょうか。


トップ集団の最後の1周は、10km走った人たちとは思えない猛ダッシュ。
息子が、「あの最後の50mを俺と競争したらどっちが速い?」
残念ながら、「あっちの方が速い思う。」


ちなみに、幅跳びと円盤投げは、遠すぎて臨場感が薄く、
結局モニターを見ていたので、テレビの方がよかったかな・・・(残念)


陸上は、シンプルな競技ゆえに、
見ていて引き込まれますし、すぐ興奮してしまいます。


世界一はすごかったです。


夏休み最後に、一生の思い出が出来ました。


f:id:balplan:20100731130852g:image


岡山市の不動産は有限会社バルプラン

お問い合わせは



有限会社バルプラン

岡山市中区中納言町3-22

(中納言電停北250m)


大きな地図で見る