2011-02-25

世界の一部




普段、岡山という小さなまちでローカルに暮らしていると、
そこが世界の中の一部であることなどあまり意識しません。


日常生活で外国人と接する機会はほとんどないので、
見かけると「あ、ガイジンさん」という感覚が染みついていました。


ところが最近、何回か東京に行き、
以前に増して外国人が多いことに驚かされました。
(特に中国人が劇的に増えている感じがします)


それはもはや、"ガイジン"さんではなく、
まちの"普通の人々"という感じです。


「第3の開国」と叫ばれているのには、
ガイジンさんが普通の隣人になる意味も、
含まれているのかもしれませんね。



ネットの力で世界が縮んできているのも
そんな流れを加速させています。


中東で起きていることが、これまでのニュースより
身近に感じるのも気のせいではないはず。



岡山の不動産屋でも外国人と普通に仕事をするような時代が
やってくるのでしょうか?



f:id:balplan:20100731130852g:image


岡山市の不動産は有限会社バルプラン

2011-02-25