2009-01-16

早とちりは禁物です




住宅ローン減税の話です。



世の中が景気の悪い話ばかりなので、

お上が打ち出している政策も気になります。



昨年暮れに出された税制改正案によると、

昨年で終わる予定だった、住宅ローン減税が延長され、

しかもこれまでで一番手厚い減税枠が見込まれています。



"10年間で最高500万円の減税、長期優良住宅だと600万円に・・・"

ほとんどの報道で、こういった伝え方がなされているように思いますが、

実はこれがクセモノです。

数字に踊らされないように注意しましょう。



この数字は、

ローン残高が将来10年間ずっと5000万円以上ある場合のものなのです。

(詳しくは→http://www.mof.go.jp/genan21/zei001a.htm#01



この手の話はよくよく理解しないと、

「年間50万円も税金が安くなるのか。」

みたいに早とちりしてしまう恐れが大きいのです。



現実には5000万円ものローンを組む人なんて

そんなにいないですよね。

ローン残高に応じて減税額が変わるわけですから、

みんなが500万円の減税になるのではありません。



ただ減税措置が延長されることは、

家を建てる人にとってはありがたい話ですし、

私たち不動産屋にとっても影響の大きい話ですから、

早く正式に決まってほしいものです。

2009-01-16